So-net無料ブログ作成

職業は「AV女優」。 [本]

たまには昔買った文庫本を読み返してみたりする。
99年のライジングサン・ロックフェスに参加した折に往復のフェリーの中で読んでいた本、
永沢光雄著「AV女優」。

内容は91年から96年にかけて某成人雑誌で連載されていたアダルトビデオ業界で
ヒトハナ咲かせた(?)女の子たち42人へのインタビュー集。
ちょうど大学生をやっていた時期なのでAVも何本か見たし成人雑誌も読んでいたはずなのだが
名前を覚えている女の子は5人もいない。

マンガ雑誌と一緒でなんとなく消費されていくだけ、
AVとはそんなものじゃないかな。

職業としてAV女優の寿命は短いのもその要因にある。
ほとんどは1,2本の出演で引退、1年も業界にいればベテランと呼ばれるそうだ。
だから記憶にほとんど残らない。

永沢氏のインタビューは彼女たちを見下すこともなく正面から向き合っている。
生い立ちから家庭環境などの「それぞれの物語」を聞いて相槌を打つように受け止める、
その中にはリアル「ファザーファッカー」みたいな痛々しい物語も存在するのだが。

そんな世界に傷つき苦しみながらたどり着いた女の子、軽快に笑いながらやってきた女の子
たちが「AV女優後」の自分の将来を語るとき、ほとんどが自分の居場所として「店をやりたい」
と言っているのが印象的。

AV女優だった彼女らに幸多かれと思う。






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

||| 反町鬼子 |||

お邪魔しまーす☆
トラックバックありがとう、All-Tone さん!!
(お礼のコメントはココでいいのかなぁ?
私もやってみたいので今度、トラバのやり方教えてくださーい)

私も新刊でる前に再読しておこうと思って、
ハードカバーのほう引っ張りだしてみましたっ。
気を抜くとついつい引き込まれて読み込んじゃうので、ちょっとキケン(笑)

それにしても、エゾへの道中、旅のお供にしていたとは!
なんかカッコいい(゚ー゚☆キラッ 永沢さんも喜びそう←たしか元ロック少年。
by ||| 反町鬼子 ||| (2005-05-23 12:23) 

All-Tone

ここは当ブログでアクセス数No.1の記事なのですが、
誰もコメントを落としてくれませんでした。
鬼子さん、どうもありがとう。
by All-Tone (2005-05-23 20:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。